東京グール『金木研』ってどう見える?!彼の魅力って何?

 

アニメの実写版の映画、見ますか?

 

最近、なかなか映画を見る機会がなかったのですが、好きなアニメがありまして…それが『東京喰種』(東京グール)です。

 

漫画では読んだこともあり、アニメにもなっています。

 

全て見ていたら、そりゃ映画も見たい!と思ってしまいますよね。

 

子供が小さくなかなか映画館にも行くことができなかったのですが、動画配信サービスのU-NEXTで動画と映画を見ました。

 

やっぱり東京グールの世界観が好きすぎて、漫画は漫画、アニメはアニメ、映画は映画でそれぞれ別の味わいの楽しみました。

 

私の勝手な金木研の思いを紹介していくので、東京グールをまだ見ていない方は、勝手に参考にしてみてくださいね。

 

東京グールの超簡単な説明

 

すごく簡単に「どんな物語なの?」と言われたら、1人の男の子が悲劇に落ちてしまう理由となったグールと呼ばれる人を食べる種と人間の物語。

 

 

かなり大雑把にいうとこんな感じです。

 

更に簡単な前説は…

東京には人を食べるてしか生きれない喰種(グール)がいる。

 

普段は隠れて生きるいるが、人々はグールを恐れていた。

 

読書が好きな普通の大学生「金木研」はいつも行く喫茶店でリゼという女性に一目惚れをしてしまうところから、物語は進んでいきます。

 

金木研はグールというものに襲われ、臓器移植を受けますが、実はその臓器の持ち主はグール。

半グール化した金木研は、人間とグールの間でもがき続ける…という物語です。

血とかグロいのが苦手な人は、見ないほうがいいと思います。

苦手な人にはトラウマレベルになるかもしれません。

 

東京グールのセリフがいい!

 

人生でちょっと悩んでいる時とか、自分に自信がなくなっている時なんかに好きなセリフを思い出して、何度も読み返しています。

 

例えば…

・この世の全ては当人の能力不足

 

・弱いやつに何が守れる?誰が救える?力がなきゃ奪われるばっかだ。

私はこういったセリフを読んで、つらいときに自分を奮い立たせています。

ときには弱い自分と向き合い時ってありますよね。

 

 

思いついた時にそのページをめくってすぐに言葉を探し出せるのは紙媒体のいいところですよね。

 

そしてやっぱりそこそこ長い物語なら、映画やアニメになると内容を端折られることになりますが、本来のちゃんとした内容をまずは知っておきたいですもんね。

 

 

自分にハッパかけたい時に、内容を噛み砕いて、何度も読み返すことをまずはオススメします。

(セリフが深くて、本当にいいんです!)

 

主人公「金木研」の魅力はなに?!

 

 

View this post on Instagram

 

. #tokyoghoul #tokyoghoulmovie #ghoul #movie #東京喰種 #映画 #カネキ #金木研 #窪田正孝

東京喰種 TokyoGhoulさん(@tkg_movie)がシェアした投稿 –

一言でいうとウジウジ野郎です。

ついでにいうと、おとなしい子ほどキレると怖い、内容をあまり考えずにキャラの簡単なイメージはそんな感じです。

 

言葉にしてしまうと、ただのダメなヤツっぽいですね。

 

現実、そばにいたらイライラしてしまうかもしれません…

 

でも物語の中ですごく成長していくんですよね。

 

ですが、その成長の中でいろいろ考えさせられます。

  • 優しさとはなにか?
  • 人を守るとはどういうことか?
  • 世の中嘆いていても仕方がない

このようなことを訴えかけていると、私は勝手に思っていて「金木研」を自分の弱いところと重ねてしまうんですよね。

 

 

弱い人間が強くなる様を描いているのではなく、弱さを受け入れながら強くならざるを得ない世の中の理不尽さ、不条理を抱きながら希望を捨てずに生きていく「金木研」

 

私は『東京グール』であれやこれやと考えさせられるわけです。

 

結局弱い「金木研」が自分自身のすごーく弱い部分としてみれるので、(あー今、ダメだなぁ…)と思った時にそれでも前に進むしかない!と思えるんです。

 

私が感情移入しすぎなんでしょうね。

 

弱い自分を受け入れる強さ!これが『金木研』の魅力ではないでしょうか。

 

映画の金木研はイメージ通りと思う?

 

映画の主演『金木研』役は「窪田正孝」さんです。

もう第一作もあるますし、第二弾の映画化も決定しています。

 

もちろん窪田さんが主演です。

 

 

私は割とイメージぴったりだと思いました。

 

窪田さんの持つ、透明感と華奢な感じが「金木研」をちゃんと醸し出していました。

 

演技も定評があるので、全く問題なく安心して見られました。

 

でも、一つ欲をいうならもっと幸薄そうな感じがもっと欲しいかな?とも思いましたが、映画の上映時間内で金木研の物悲しい感じを全て出すのは、やはりちょっと無理があるのかも、と思いました。

 

\ 映画が始まる前に前編をチェック! /


2019年7月19日(金)に全国にて公開されるのが楽しみで仕方がないです。

キャストも決まっていますね。

 

前回と違う配役になっていますが、どのように料理をしえくれるのか、楽しみです!

金木研ー窪田正孝

霧嶋董香(トーカ)ー山本舞香

笛口雛実(ヒナミ)ー桜田ひより

永近英良(ヒデ)/小笠原海

西尾錦(ニシキ)ー白石隼也

月山習ー松田翔太

んー!早く観たいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です